綺麗に染まった髪を長く持たせるにはトリートメントが大事

内側・外側両方からのケアを心がけています。

キレイな髪を保つために、
私は、内側・外側両方からのケアを心がけています。

 

まずは、内側からのケアについてですが、
これは、バランスの良い・ミネラル豊富な食生活を心掛けるということです。

 

私は、過去に激しい食事制限を伴うダイエットをしていました。
そのおかげで、ダイエットそのものには成功しましたが、
その代わり、髪の毛に多大な影響をもたらしたのです。

 

元々ボリュームもあり、太めだった髪の毛が、
どことなくペタンとしたような印象になった上に
髪の毛そのものがビックリするほど細くなり、疲れた印象になってしまいました。

 

いくら痩せても、
髪の毛が劣化してしまって、老けた印象になってしまっては
元も子もありません。

 

そこで私は、食事制限のダイエットをやめ、
バランスの良い食生活に戻しました。

 

さらに、髪の毛に良いと言われてるミネラルを多く含む食品をしっかり摂るようにしたり、
食事で摂りきれない栄養分は、サプリメントで補うようにしました。

 

すると、老けた印象になってしまっていた髪の毛がゆっくりゆっくり復活し、
1年半ほどで、髪の毛は元の太さになり、ボリュームを取り戻すことができました。

 

美しい髪の毛には、日々のバランスの良い食生活、
とりわけミネラルをしっかり摂ることが大事だということを実感した私は、
今でも、食生活のバランス、ミネラルの摂取を心掛けています。

 

そのおかげか、かつて髪の毛が劣化してしまったのが嘘であるかのように、
ボリュームのある髪の毛を保つことができています。

 

 

外側からのケアについては、髪の毛のUVケアを心がけています。

 

お世話になっている美容師さんから
「無防備に、髪の毛に紫外線を浴びると、髪の劣化の原因になる」
という話を聞いてから、意識するようになりました。

 

帽子や日傘を使うようにする他、
UVケア効果のあるヘアケア用品を選ぶようにし、
髪の毛に紫外線を直接さらさないよう心掛けるようにしてみたところ、
髪の毛のダメージが格段に減りました。

 

私は、紫外線の多い季節になると
髪のパサつきやダメージに悩まされていたのですが、
UVケアをするようになってから、
ダメージは格段に減り、ツヤのある髪の毛を保てるようになりました。

 

 

このように、内側・外側両方からのケアを心がけることにより、
既に30代の私ですが、髪をキレイに保てています。
これからも続けていきたいです。